活動内容OPERATIONS

マクロミル総合研究所は、このような活動内容をもとに、マーケティングリサーチの品質向上・技術基盤に関する研究を進めていきます。

  1. マーケティングリサーチの品質向上に関する研究

    現在、マーケティングリサーチにおいては低コスト・短納期があたりまえとなりました。
    同時に調査データの品質向上に関しても様々な取り組みが行われているものの、いまだに改良の余地は残されます。
    マクロミル総合研究所ではマーケティングリサーチをより有用なものとすべく、調査データの品質向上に向けた研究を行います。

  2. マーケティングリサーチの分析手法に関する研究

    マーケティングリサーチおよびリサーチ会社に求められる要望は年々難易度を増しています。
    マクロミル総合研究所では調査データをより効果的に活用するための分析手法の開発・研究を行います。

  3. マーケティングリサーチ業界の市場動向に関する研究

    モバイルデバイスの浸透、ソーシャルメディアの台頭、市場のグローバル化など、マーケティングリサーチ業界を取り巻く環境は刻々と変化しています。マクロミル総合研究所ではこれらの市場変化をいち早くキャッチアップし、対応するための研究を行います。

  4. セミナーならびに講演活動による研究成果の発表

    マクロミル総合研究所では、研究成果を当ホームページやセミナーを通して積極的に公開していきます。

  5. 各種協会・団体とのリレーション窓口

    JMRA(日本マーケティングリサーチ協会)をはじめとする外部研究組織との交流を図り、マーケティングおよびマーケティングリサーチの発展に貢献します。